スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

DOD3ネタバレ感想

粗大ゴミを焼却場に持っていった管理人です。
車で行ったけど重かった…。明日大丈夫かな…。

さて、今回はドラッグオンドラグーン3(以下、DOD3)のネタバレ感想を綴ります。
…最近、内容が制作活動そっちのけになっているけど、
旬の話題なんですもの。今のうちに語りたいんですもの(^ー^;)

ネタバレの前に、一応あらすじを書きます。

特異な力を持つ「ウタウタイ」。
5人のウタウタイは悪政を敷く領主を倒し、世界に平和をもたらしました。
しかし、ウタウタイであり彼女達の長姉でもあるゼロは、
白竜のミハイルと共に、妹達を殺そうとしていました。
ウタウタイの僕である「使徒」を妹達から奪いながら、彼女は旅を続けるのですが…。

ここから先に興味がある方は追記へどうぞ。
それ以外の方は、3月にまたお会いしましょう。

続きを読む

スポンサーサイト
2014-01-13 : 市販ゲームのこと :
Pagetop

DOD3をやってみました(ネタバレなし)

御無沙汰しておりました。管理人です。
やっと(束の間ではありますが)繁忙期の谷間に入りました。
また1月から大変なことになりますが、どうにか越えたいものです。

さて、いろいろ書きたいことはあるのですが、今回はホットな話題をお送りします。

実は今、ドラッグオンドラグーン3(以下、DOD3)をプレイ中なのです。
まだ最後のエンディングまでいっていませんが、
DODシリーズ1作目(以下、DOD1)との比較を中心に、雑多な感想を追記にて綴ります。


ちなみに、12月19日に発売されたばかりということで
ネタバレは極力回避しております。
未プレイの方も読める内容にしたつもりですのでご安心ください。

続きを読む

2013-12-23 : 市販ゲームのこと :
Pagetop

今更アンサガ#9 ~制作活動への教訓~

雷に怯える管理人です。
9月1日は天気が荒れますね…。

さて、長々と続いた「今更アンサガ」も今回で最終回。
書きたいことは大方書いたので、
アンサガから得たゲーム制作の教訓をさくっとまとめます。

<制作活動への教訓>
 ・インターフェイスは重要[全編において]
 ・説明書はもっと重要[全編、ローラ編より]
 ・難易度の高いシステムにするなら、
  チュートリアル等、コツを理解できる場を設けると親切[ヴェント編より]
  そして、なるべく飽きやストレスを感じさせない仕様にする[キャッシュ編より]
 ・根幹システムに関わるアイテム等は、出目を小さくしない[ジュディ編より]
※#6ではやや辛辣に書きましたが、アーミック編はクリア自体に支障はありませんでした。
 ・ネタな物語でもない限り、最後はちゃんと締める[ルビィ編より]
 ・登場人物の性分をシナリオに絡ませると味のある物語になる[マイス編より]
 ・全クリア後に特典を用意するとプレイヤーの達成感が上がる[エンドクレジットより]

本当はもっとあるような気もするのですが、
とにかく上2点が酷すぎました。
これらが無ければまだ評価されていたかもしれないのに…。

しかし、何だかんだ言っても楽しめた作品でした。
制作活動においても、良き反面教師になったと思います。
しばらくはアンサガから離れますが、
また機会があればローラ編に再挑戦してみたいです。


というわけで、これにて「今更アンサガ」終了です。
2ヶ月以上もの間、御付き合い下さりありがとうございました!
それでは、10月にまた会いましょう!!
2013-09-01 : 市販ゲームのこと :
Pagetop

今更アンサガ#8 ~発明家マイス編~

最近ミスが多い管理人です。
ミスして慌てて、またミスして疲れて、さらにミスして…。
負の連鎖に巻き込まれております。早く抜け出さないと。

そんな中ですが、マイス編の感想を綴ります。


<あらすじ>
性格に難のある色男マイスは、退屈な日常に辟易していた。
ある日、パトロンのフーガに招かれたパーティで、
マイスは1枚のフォート(写真のようなもの)を見せられる。
そこに写されていたのは、銀髪の美しい少女の姿だった。
彼女に恋をしてしまったマイスは、物思いに耽るようになる。
埒が明かず、フォートの出所を探し始めるが…。

<個別システム>
特になし。
マイスの固有スキルパネル「武器加工」「装飾品加工」がある程度。


<感想>
ルビィ編のムービーに(以下略)ので選びましたが…、
噂には聞いていましたが、かなり難易度が高いです。

まず、主人公のマイスが弱いです。何の才能も無いです。
そして、仲間達も女性ばかりです。器用だけど非力です(例外もいますが)。

この状況なのに、難所が多いこと多いこと。
序盤の一人旅。終盤の巨人先生。そして、あのラスボス前座…。
どこも容赦無いです。味方の最大LPが低いのに、敵は手加減してきません。
もうね、LPがガンガン削られていく度に悲鳴を上げそうになりましたよ(T△T)
幸い、終盤で良技を習得できたのでどうにかクリアできましたが。
(ご指導ありがとうございました! 巨人先生!!)

ただ、アンサガにしては珍しく物語が良いです。
感動とか熱血とかいうわけではなく、奇妙なのです。

一言でまとめれば「主人公が二次元の女の子に恋してしまった」話なのですが、
女泣かせのものぐさ男が、居もしない(と思われていた)少女に振り回される様が
滑稽でありながらも哀愁漂うのですよ。
ちょっと強引な展開もあったものの、エンディングも綺麗に収まっていて、
あの主人公だからこそ、最後の決断が感慨深いものとなっていました。
難易度も含めて、アンサガの締めに相応しいシナリオだったと思います。


こうして最後の主人公・マイス編を終えたわけですが、
その後のアンサガのエンドクレジットが感動ものでした。
主人公7人を全てクリアしないと流れないものなのですが、
専用曲の「天翔ける翼」が実に美しく、
聴くだけで今までの苦労が報われたような気にさせてくれるのです。
もしアンサガに挑戦する、あるいは途中で放り投げてしまった方は
ぜひこのエンドクレジットを目指してみて下さい!


次回はいよいよ、今更アンサガの最終回です!
2013-08-26 : 市販ゲームのこと :
Pagetop

今更アンサガ#7 ~占い師ルビィ編~

初出張をしてきた管理人です。
さすがに疲れた…。なので、今回はさらっと書きます。

では、ルビィ編の感想です。


<あらすじ>
お転婆娘ルビィは占い師の姉サファイアと2人で暮らしていた。
ある日、騎士の依頼で占いをしたサファイアが気を失ってしまう。
ルビィは幼馴染のヒロユキを巻き込み、姉に代わって偽の占い稼業を始める。
そんな中、謎の男イスカンダールがサファイアの元を訪れて…。

<個別システム>
特になし。
他シナリオで最終ダンジョンとなる難所「七大驚異」を巡ることで
メインシナリオが進んでいく。


<感想>
アーミック編のムービーにルビィが出ていたので選びました。

難所をクリアしないと話が進まない鬼畜仕様…と思いきや、
意外とすんなり進められました。
仲間が決して弱くないのもありましたが、
他の主人公で既に攻略方法をつかんでいたのが大きかったです。

アンサガの世界観を紐解く話になっていて、伏線らしきものも見え隠れしています。
テンポも小気味良く、
「運命なんて自分で書き変えちゃえばいいのよ!」
と言ってのけるルビィが良い味を出しています。
だからこそ、綺麗に落としてくれると期待していたのですが…。

先週に続いてもう一度書きます。

どうしてアンサガは

こうもシナリオが

崩壊しているのでしょうかねえ…。


いや、うん、本当にね、
面白いっちゃあ面白いのですがね。
最後にこれを選ばなくて良かったです。はい(゜_゜;)


…ここまで辛辣に書くと
「もうアンサガには物語性を期待しない方がいいのでは?」
と思う方もいるかもしれません。
ですが、最後の最後に選んだのが、世にも奇妙な物語だったのです。

次回はいよいよ最後の主人公、マイス編です。
彼が手に入れたのは、天翔ける翼だったのでしょうか…。
2013-08-11 : 市販ゲームのこと :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

かわや

Author:かわや
別名:御手洗薫子(みたらいかおるこ)
性別:♀
生年:昭和末期
活動:フリーゲーム制作+α

 週末(金~月)に1回は更新します。
 当ブログの遍歴を知りたい方は、カテゴリ【ブログ】をお読み下さい。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。