スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

今更ながらFFXをプレイしました 前編

引越しを終えた管理人です。
引越し前もですが引越し後もやる事が多いです。
次の引越しはだいぶ有給を取らないといけないですね。

そんなこんなで最近はゲームをしていませんが、
昨年クリアしたFFXについて感想を書きたいと思います。

発売された頃は思春期の入口をくぐったところで、
あのこっぱずかしいCMが流れる度に赤面していましたf(^▽^;)
しかし、だいぶ後になって
「ラヴストーリーと思いきや、実は父子の物語」との評判を耳にしました。
それで、制作活動の勉強も兼ねてプレイするに至ったわけです。

簡潔にまとめたいところなのですが、
シナリオの作り込みが凄すぎて、記事1本では書ききれませんでした。
なので、演出・シナリオ面は次回にまわすとして、
今回はシステム面をメインに語っていきます。
では、追記へどうぞ。




<ゲーム内容>
ザナルカンドに住むティーダは、
突如ザナルカンドを襲った怪物・シンに巻き込まれ、
異世界・スピラへと迷い込む。
見知らぬ世界に戸惑うティーダだったが、
スピラにも「ザナルカンド」という土地があることを知る。
折りしも、偶然出会った召喚士・ユウナもまた
シンを倒すべくザナルカンドへ旅立とうとしていた。
ティーダはユウナや彼女のガード(護衛)達と共に
遥か彼方のザナルカンドへと目指す。

だが、彼等を待ち受けていたのは、悲しい真実と運命だった――。


<点数> 6段階で示しています
 システム :★★★★☆☆ ← テンポは悪くないけれど、やや詰め込みすぎ
 シナリオ :★★★★★★ ← 一言では語りきれません
グラフィック:★★★★★☆ ← 演出と相まって秀逸
音楽(選曲):★★★★★☆ ← 名曲・神曲揃い。音質は揃えて欲しかった
 娯楽性  :★★★★★☆ ← 前半の一本道が気にならなければOK


<総評(システム面)>
FFXのシステムは複雑なので、詳しい説明は省略します。

従来のFFから大変わりしたために賛否両論分かれているようですが、
偶然なのか、私にとっては嬉しい機能が多かったです。
(戦闘中のメンバー交代、行動順の表示 等々)
成長システムの「スフィア盤」も、
キャラごとの特性に合わせてある一方で、
ある程度は自由に成長できるのが良かったです。

ストーリー進行もそうでしたが、
総じて「前半は一本道→後半は自由」なシステムでした。
コツを掴んでから大いに遊べるあたりは
やり直しが効く上に、人によっては中毒性が高いかもしれません。

あと、何気に便利だったのが
後でチュートリアルを再生できる点でした。
説明書だけではわかりづらいシステムもあったので助かりました。
これは制作活動にも活用できそうです。

ここまで褒めちぎってきましたが、
このゲーム、実は不満な部分も少なくないのです。

中でもネックなのが、作業の面倒臭さ。
ミニゲームでこの傾向が強くて、
実際、ミニゲームはほとんどクリアできていません。
広大な砂漠で9体も見つけないといけないサボテンダー探しや
200回連続で成功しないといけない雷避けに至っては
もう苦行でしかありませんでした。

また、アイテムの並び方にも難ありでした。
入手した順に並ぶのですが、探すのがかなり大変でした。
武器や防具を改造した後なんて、よくアイテムを見失いました(ー_ー;)
アイテムの並び方は、少なくとも入手順じゃない方が良さそうです。

システムについての感動は以上です。
まだまだ書ききれていませんが、これだけにします。


<制作活動への教訓>
システム面でFFXから学んだことは↓↓↓
 ・「前半は一本道→後半は自由」もアリ
 ・後でチュートリアルを見れるのは便利
 ・ミニゲームであっても、面倒すぎる仕様は避ける
 ・アイテム欄の順番はよく考えよう


来週はFFXのシナリオについて語ります。

2013-03-10 : 市販ゲームのこと :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かわや

Author:かわや
別名:御手洗薫子(みたらいかおるこ)
性別:♀
生年:昭和末期
活動:フリーゲーム制作+α

 週末(金~月)に1回は更新します。
 当ブログの遍歴を知りたい方は、カテゴリ【ブログ】をお読み下さい。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。