スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

本日のダルフレ#4 ~誰かと関わるということ~

今日はちょっと湿った御話です。
苦手じゃない人は続きを読むへどうぞ。


訂正:前々回の記事(別タブ表示)で誤記がありました。

{誤}テイルズシリーズ、Ⅵ以外の
{正}サガシリーズ、Ⅵ以外の

{誤}サガシリーズといった超有名作も
{正}テイルズシリーズといった超有名作も

この場を借りて御詫びします。



大学院では別の研究をすることになり、
今年度卒業する先輩から引継ぎを受けているのですが、
お互いストレスを溜めてる状態です。
とはいえ、8:2で私の方がストレス与えまくっていますが(汗)

しかし、そんな毎日でも
私にとっては喜びに満ちているのです。


昔から、私は“一風変わった”子でした。
小学校の低学年までは平気だったのですが、
やがて自分が“異質”だと気付き始め、
家族を除いては誰にも打ち解けられなくなっていました。

学校に通い続け、課外活動にも参加していましたが、
会話をすることもままならず、
人間関係らしい人間関係すら築けませんでした。

心が“ひきこもり”だった私に転機が訪れたのは1年半前。
研究室に入りたての頃、
ある先輩が、私がポソリと話した内容にこう言ってくれたのです。

「マジで?!」

それからというもの、先輩達は面白がって
私の拙い話に耳を傾けてくれました。
つまらないものだと思い込んでいた私の人生は、
どうやら皆には珍しいものに映ったようでした。
…そうか。私のしてきたことは、
そんなにひどいものでもなかったんだ。

そう捉えるようになれた頃には、自然と研究室に馴染んでいました。

再び心を開き始めると、
嫌なこと、つらいことも含めて、
他者との関わりが刺激的で楽しいものになっていました。
私には無い視点も、私には歩めない軌跡も、全て分かち合える。
平凡に見えて非常にこの上無い経験です。
敢えて大袈裟に言うなら、
生きていることを実感する一時なのです。


ダルフレのテーマは「命」ですが、
“誰かと関わるということ”もまた主軸になっています。

「他者との出会いがもたらす心の細波。
 その波もまた“生きる”糧ではないのか?」
そんなメッセージをさりげなく込めようかと企んでおります。(^_^*)

現段階では、上記のコンセプトで登場人物2組の対比を描く予定です。
1組は、他者との関わりを重んじたか否か。
もう1組は、他者を受け入れたか否か。
どちらの組も悲劇的な末路を辿りますが、
最期に後悔するのは1名だけで、
他3名は信念を貫き通したまま運命を迎えることになりそうです。

2010-12-30 : DFoD(ダルフレ) :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かわや

Author:かわや
別名:御手洗薫子(みたらいかおるこ)
性別:♀
生年:昭和末期
活動:フリーゲーム制作+α

 週末(金~月)に1回は更新します。
 当ブログの遍歴を知りたい方は、カテゴリ【ブログ】をお読み下さい。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。