スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

今更アンサガ#6 ~どうもぉ、チャパ族のぉアーミック編~

遂にアンサガ全主人公をクリアした管理人です!
いやー、楽しかった!! 相当な難ありゲームでしたけど!!
あと数週間、感想を綴ることになりますが、よろしければ御付き合い下さいませ。

さて、今週はアーミック編の感想をサクッと綴ります。
アンサガのマスコットキャラともいえる彼の冒険やいかに!
(ちなみに、チャパ族というのはアンサガの世界にいる亜人族です。
 ビーバーとリスの中間みたいな外見です。チャパ族かわいいよチャパ族)


<あらすじ>
干ばつに見舞われたチャパ族の村。
雨乞いの儀式のため、村一番ののんびり屋アーミックは
アイテム集めに駆り出されることになった。
途方に暮れていたところ、偶然出会った少年ノースの紹介で
彼の師匠である魔法屋ユンと知り合う。
アーミックはユンの協力を得て次々とアイテムを手に入れていくのだが…。

<個別システム>
メインシナリオよりむしろ所定の種類・個数のアイテムを集めるのが目的。
ある程度の種類が集まるとメインシナリオが発生し、行ける街が増える。


<感想>
ジュディ編のムービーにアーミックが出ていたので選びました。
それにしても、キャッシュ編に次いで主人公選択時の台詞が奇抜です。
勘の良い人、キャッシュ編で懲りた人ならまず後回しにするかと思いますが、
はっきり言います。正解です!

何といっても、アイテム集めが大変です。
序盤は資金繰りが難しく、中盤以降もレアアイテム集めに苦労します。
アイテムが集まらないことには話が進まないので、
なかなか目当てのアイテムが見つからないと、若干ストレスが溜まります。

しかも、一部のレアアイテムは
よくあるアイテムを鍛冶屋で掛け合わせることで合成できたりします。
それを知らないと、延々と世界中の店を駆け回る羽目になるのです。
なので、アーミック編の前に別の主人公を選んであれこれ試した方が無難といえます。

アイテム集めがつらいものの、難易度はそんなに高くありません。
仲間は強い面子が揃っていますし、
ラスボス前座も(特殊な攻略が要りますが)強い方ではありません。
ステータス面で苦戦を強いられることは少ないので中級者でもクリア可能だと思います。

…いやそれにしても、ラスボス前座の登場があまりにも唐突すぎるのですが(・▽・;)
…いやそんなことより、あのエンディングがあまりにも笑撃的すぎるのですが(=▽=;)
いやはや。キャッシュ編といい、アンサガのシナリオはぶっ飛んでいますなあ…。


次回はルビィ編です。運命? そんなの変えちゃえばいいのよ!
2013-08-05 : 市販ゲームのこと :
Pagetop

今更アンサガ#5 ~魔女っ娘ジュディ編~

昨日は豪雨に遭った管理人です。
運転中だったのですが、ライトを点けても前が見えないほどの雨量でした。
何とか無事に帰れましたが、本当に怖かった…。

さて、今週はアンサガのジュディ編の感想をサクッと綴ります。


<あらすじ>
魔法使い一家の次女ジュディは祖父や両親、姉、兄と一緒に仲良く暮らしていた。
だがある日、祖父の知人が訪れたことがきっかけで
祖父は鏡に封じ込められ、残りの家族も世界各地へ吹き飛ばされてしまった。
離れ離れになった家族を探すべく、ジュディの冒険が始まった。

<個別システム>
特殊なシステムは無い。
なお、ジュディ専用のスキルパネル(魔法関係)が3種類ある。
(これはジュディが登場するローラ編でも同じ)

<感想>
キャッシュ編のムービーに出てきたのがヴェントだけだったので、
とりあえず、初心者向けといわれているジュディ編に挑戦してみました。

噂通りメインシナリオは難しくなく、手こずる場面はありませんでした。
仲間はジュディ一家と変態紳士お兄さん達の計7(+1)名が加わるのですが、
全員、資質もなかなかで心強いです(ただしキャッシュ兄さんは…orz)。

ただ、全くの初心者が最初に選ぶにはもったいないシナリオかなと思います。
というのは、いわゆる魔法にあたる「術」がこのシナリオの中核だからです。

術を覚えるには魔導板を解読しないといけないのですが、
コツや法則を掴んでいないとなかなか解読できません。
しかも、強力な術を覚えるには「術合成」というスキルパネルが必要です。
これがかなりレアな代物で、かなり特殊な行動を取らないと出てきません。
(それでも管理人は今まで1回しか出会えませんでした)

…どうしてこんなシステムにしたんですか、スタッフさん(ー_ーメ)

なので、「魔法中心で進めたい!」という方は
ヴェント編とかでアンサガに慣れてから選んだ方が良さそうです。
もっとも、「レベルを上げて物理で殴ればいい」という方には無関係ですが…。

ちなみに、物語としては
ディズニーアニメのような明るさがあって、進めるのが気楽でした。
そして、ジュディがあざとぃ…もとい、可愛いです。
殺伐というか電波というか混沌としたアンサガに疲れたら、箸休めにいかがでしょうか?


次回はアーミック編です。チャパ族かわいいよチャパ族。
2013-07-28 : 市販ゲームのこと :
Pagetop

今更アンサガ#4 ~やあ! 僕はキャッシュ編~

夏はいっぱい出掛けようと意気込む管理人です。
この季節、祭りもあるし、緑も花もあるしで見所がいっぱいです。
転勤族なら今ここで楽しまねば!

さて、今週はアンサガ随一の濃厚シナリオ、
キャッシュ編の感想をサクッと綴ります。


<あらすじ>
騎士の家に生まれたキャッシュは、腕に呪いのガントレットを着けてしまった。
ガントレットを外すために冒険家になることを決意したキャッシュは、
身分にこだわる父から勘当されるも、次弟レオンに見送られて旅立つ。
だが、レオンはある野望を抱いていた。

<個別システム>
メインシナリオはほとんど無く、
サブシナリオをクリアしていくことで行ける街が増える。
また、15分に1回「ガントレットバトル」が始まり、
キャッシュ1人が強制戦闘する羽目になる。


<感想>
ヴェント編のムービーでキャッシュが登場したので3番目に選びましたが、
正直なところ、オープニングの時から嫌な予感はしていましたよ…orz

開始早々ガントレットバトルが始まるのですが、
もうね…、15分に1回ってのは拷問ですよ。
街で買い物している間も時間経過していることになっているので
サブシナリオ始めると毎回いきなり強制戦闘でしたよ。
勝つにつれてキャッシュが強化されるのは良いのですが、
せめて30分に1回とか、
街にいる時は時間経過しないとかにして欲しかったです。

サブシナリオもこなしていく内に飽きてくるというか…。
この時はまだ主人公3人目だったからまだしも、
5、6人目あたりに選ぶと苦行になっていたかもしれません。
キャッシュ編限定の街とかサブシナリオとかあったら
やりがいを感じられただろうに、残念です。

そして、シナリオ展開がぶっ飛んでいまして、
 ・オープニングで勘当される
 ・仲間は男だらけ。紅一点は植物 女性です…。一応…。
 ・ガントレットバトルは主人公にしか見えていない
   = 仲間「キャッシュさん御乱心?(・▽・;)」
 ・主人公と関係の無いところで話が進む
  (裏事情はある意味同じなんですけどね)
 ・結末は…(ー▽ー;)
他にもツッコミどころ満載です。枚挙に遑がありません。

まあ、これも主人公のキャッシュがぶっ飛んでいるからでしょう。
御人好しで正義感溢れる熱血漢なのに、
マイペースで間抜けでズレている男なのですよ。
主人公選択の時に

やあ! 僕はキャッシュ。

僕と一緒に冒険をしよう!


なんて言ってのける人、そうそういませんよ(^◇^;)
こんな主人公に、理路整然とした物語を求めるのは
あまりにも無理がありすぎるというものです。

でも、管理人はそんなキャッシュ兄さんが大好きです(^ー^*)
レオンが慕うのも、仲間がキャッシュ兄さんについていくのも頷けます。
ツッコミしながらプレイすると楽しいですよ!
…システムのアクの強さがネックですけどね。


次回はジュディ編です。がんばれ! 魔法使い一家!
2013-07-21 : 市販ゲームのこと :
Pagetop

今更アンサガ#3 ~運び屋ヴェント編~

早くも夏バテになりかけている管理人です。
外出したいのに身体が重いです。
でも家で作業するのも暑い…。うう…。

今週はアンサガのヴェント編の感想をサクッと綴ります。


<あらすじ>
新米の運び屋ヴェントは仕事の途中、とある古城に立ち寄る。
そこで吸血鬼トゥースに襲われた彼は、トゥースが兄の仇だと知る。
意識を取り戻した後、トゥースの傍にいた女性ティフォンと街で再会する。
彼女を訝しみながらもヴェントは運びの旅を続けていくのだが…。

<個別システム>
ヴェント編限定の「運び屋システム」があります。
運び屋ギルドで頼まれた荷物を街へ届けるシステムで、
いつでも街道(ダンジョン)に挑戦できるので、無限に成長できます。


<感想>
ローラ編のムービーでヴェントが登場したので2番目に選びましたが、
正直なところ、初アンサガはこれにしておけばよかった…orz

前述の「運び屋システム」がとてつもなく親切設計で、
何度でも挑戦できるうえに、街道は総じて難易度が低いです。
運びをしている内にようやくコツを掴めたものもありました。
(パネル配置とか素材集めとか魔導板解読とか)
ヴェント編で基本を理解してから他のシナリオに進むのが上策だったかも…。

物語としては、展開に粗が多いものの、
「兄の仇を討つ」「闇の力を求める敵を倒す」「究極の武器を手に入れる」など
王道の要素が詰まった話になっていました。
そして最後は、主人公とヒロインを気に入ったならニヤニヤできる結末です。

…でもねティフォン、パネルど真ん中にそのスキルはやめて欲しいよ(T▽T)


ここまではシナリオに(当たりとまではいかないものの)外れが無く
皆が言うほど壊滅的でもないような気がしていました。

…そう。あのシナリオを始めるまでは。

次回はアンサガの真骨頂(!?)キャッシュ編です。
2013-07-15 : 市販ゲームのこと :
Pagetop

今更アンサガ#2 ~未亡人ローラ編~

今日、アンサガのルビィ編をクリアした管理人です。
1ヶ月も経たない内にサクッと終わるなんて自分でも驚きです。
ゲーム慣れとは恐ろしいものです。

さて、今週はそんな管理人にとって初アンサガだった
ローラ編の感想をサクッと綴ります。

<あらすじ>
愛する夫を亡くしたローラは墓前で悲しみに暮れていた。
そこに追手に命を狙われている少年が現れる。
少年は今は亡きエスカータ国の王子・アンリだった。
追手からアンリを救ったローラは、彼の亡命の旅に付き添うことになる。

<個別システム>
特になし。
他シナリオと違う点は、
「至極の宝玉」という素材でできた装備が扱えるぐらい。
あと、シナリオ分岐もあります。


<感想>
序盤は苦労しました。
何に苦労したかといいますと…、

基本操作にですよ( ̄ー ̄メ)

とにかく取扱説明書が取扱説明書になってないのですよ。
せっかく宝箱を見つけても、触れることすらできませんでしたよ。
画面の説明さえ載せてくれればわかる内容だというのに…。
しかも、操作自体がこれまたまわりくどい…(ー_ー;;;)

この操作性の悪さに加えて、
サガ未経験者だったので耐久度やLPといったシステムに戸惑いましたが、
それでも個別システムで挙げた特殊装備のおかげで中盤まではうまくいけました。

…そう、中盤までは。

まさか特殊装備を●●されて●●●と戦う羽目になるなんて…!
幸い、●●●との再戦はありませんでしたが、
下手をすると(というか上手だと)●●●がラスボス前座のルートになるとか。
そんなの恐ろしすぎる…!(((>Д<)))

しかも、特殊装備を●●されたせいで
慌ててライフ防御(LPを守る機能)付きの装備をかき集める羽目に。
結局足りなくてラスボス戦で3回負けました…orz
(しかし今から思うと、あの装備でよく勝てたものです)

というわけで、あまり初心者向けではないローラ編ですが、
ストーリーは良かったと思います。
特にラストシーンの余韻は綺麗でした。
中盤までの心理描写が足りない気もしましたが、
あれぐらいの方が重くなりすぎずちょうど良いかもしれません。

ちなみにこのシナリオ、後でキャスト情報見たら、
1人二役の声優さんが3人もいました。しかも全員仲間キャラです(・▽・;)すごい…。


次回はヴェント編です。運びは人生!
2013-07-07 : 市販ゲームのこと :
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

かわや

Author:かわや
別名:御手洗薫子(みたらいかおるこ)
性別:♀
生年:昭和末期
活動:フリーゲーム制作+α

 週末(金~月)に1回は更新します。
 当ブログの遍歴を知りたい方は、カテゴリ【ブログ】をお読み下さい。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。